6/21大勢の「まさこ」が出番を待っています。

2016年6月21日 07時56分 | カテゴリー: トピックス

大河原ポスター

証紙待ちのポスターたち、カンパとボランティアの選挙です、ブラダンやベニヤ板と、種類もサイズも様々です。

いよいよ明日から、参議院選挙が始まります。全国比例にチャレンジする大河原まさこさんを推薦し、街頭で呼びかけたり、地域ネットのレポートで紹介してきました。ポスターの準備をしながら、ワクワクした気持ちで待っています。

それにしても、参議院選挙の仕組みが分かり辛い。全国比例の投票は、候補者名でもできることを9割以上の市民が知らなかった。「だって、記載台の所に政党名の張り紙しかない!」「だって、誰が立候補しているのか情報がない!」などのご意見でした。本当にその通りで、一部の人しか知らないようなルールはないも同じ、一部の人だけに都合のよいルールは変えていくべきです。また、当選人の決め方も、衆議院選挙と混同している市民ほぼ全員で「それぞれの党内で既に決まっているのでしょう」「え~決まっていないの?」「じゃ~どうやって決めるの?」「そんなこと、知っている人いるの?」と同様なご意見多数でした。非拘束名簿式の説明すると、納得していただけるもののスッキリしない様子、「だからタレント議員が多いの?」「候補者名で投票しないと、自分の票の行方も分からないものね」などのご意見がありました。参議院選挙の仕組みを伝えることは、とても有意義な活動で、これからも拡散します。