ネット海老名とは

政治姿勢

1. カンパとボランティアで政治と選挙

2. 情報を広く市民に発信

3. 変だなと思ったらミニフォーラム

4. 議員の報酬はみんなの活動費

5. 議員は2期8年で交代

ネット海老名が 提案し、実現したこと

市民参画
   公募による市民会議方式を導入
    (コミバス運行、市民参加条例、男女共同参画基本条例、自治基本条例など)
   地域ニーズを反映した公園づくり
   パブリックコメントの制度化など

男女共同参画
   DVの相談窓口開設
   男女混合名簿を全小中学校に導入
   男性職員の育児休暇の取得目標値設定など

福祉
   市民活動サポートセンターに階段昇降機を設置
   地域包括支援センターの社会福祉士・保健師・主任ケアマネの3名体制
   車椅子対応トイレを避難所に配置
   障がい者配食サービスの開始
   通所交通費の全額支給など

子ども・教育
   一時保育・病後児保育の実施
   全小学校に「あそびっ子クラブ」を導入
   小学校の余裕教室を学童保育に活用
   小学校に階段昇降機を配置
   特別支援教育補助指導員の増員、介助員制度の導入
   子ども電話相談の開設
   スクールカウンセラーを全中学校に配置
   学区の選択制導入
   東柏ケ谷小で自校式給食導入など

環境
   コンポストの普及
   リサイクルプラザのボランティア運営
   ゴミの資源化を推進(ミックスペーパーの資源化、分別回収日の増加)、
   可燃ゴミを減少
   焼却炉の建て替え延期
   道路の浸透性舗装の増加
   公共施設でのせっけん使用など

平和
   小中学校で被爆者の語り部による平和授業導入
   「海老名市平和事業推進に関する条例」制定など